カテゴリー
未分類

5つのコミュニケーションアキオム

愛を伝える
男女の対話と、その頭の中の思考過程を描いたコンセプトイラスト。

コミュニケーションは、人間同士の相互作用の中で常に存在する機能です。ポール・ワツラウィックらによって定式化されたコミュニケーションの5つの公理は、相互作用の中で起こるコミュニケーションのプロセスを説明し、どのように誤解が生じるかを説明するのに役立つ。この公理を異文化の文脈に適合させるために、いくつかの注釈が加えられています。

コミュニケーションの公理

5つのアクシオマは

1. 人は ノット 伝える.最初の公理は、人がすることはすべてメッセージであることを示している。「活動も非活動も、言葉も沈黙も、すべてメッセージとしての価値を持つ。それらは他者に影響を与え、その他者は、これらのコミュニケーションに反応しないわけにはいかず、それ自体がコミュニケーションである」(Watzlawick、Beavin、Jackson、1967)。しかし、このことは、当事者が「他者の存在下にある」場合にのみ当てはまる(Watzlawick & Beavin, 1967)。しかし、このことは、関係システムにおいて問題を引き起こす可能性がある。例えば、コミュニケーションを取りたくないのに、その事実を不用意に伝えてしまうと、相手を怒らせてしまうかもしれない。自分の考えや感情を自由に表現し、感情を抑えて行動する人に対する評価は、文化によって配慮が異なるかもしれません。このような違いや人が発するシグナルに鈍感になると、円滑な文化的適応のプロセスを妨げたり、損ねたりする可能性があります。

2. 第二の公理は、コミュニケーションには「内容レベル」と「関係レベル」の両方が存在するとするものである。" .内容とは、議論されていることの実際の主題を指す。コミュニケーション行為の関係レベルは、二人のコミュニケーターが互いをどのように見ているか、そしてそれをどのように伝えているかに関係している。Watzlawick, Beavin, and Jackson (1967) が言うように、「このような関係性の表明はすべて、次のような主張のうちの一つまたはいくつかに関するものである」。このような関係性の表明はすべて、『私は自分をこう見ている...私はあなたをこう見ている...あなたは私をこう見ている...』という1つまたはいくつかの主張に関するものであり、したがって「このコミュニケーションがどう受け取られるか」を決定している。

文化とコミュニケーションのトレーニングは、異文化の人々に意図しないネガティブな印象を与えないようにする方法と、自分と自分のコミュニケーションスタイルがどのように受け取られるかを読み取る方法を教えてくれます。

3. 第三の公理は、システムの参加者がコミュニケーション・シーケンスをどのように区切るかに関わるものである。 したがって、ある行為を反応(「あなたは私と感情を共有しないので、私はあなたを信用しない」)と解釈することもできれば、刺激(「私は私を信用しない人とは感情を共有しない」)と解釈することもできるのである。句読点が異なると、人々は一連の出来事を異なるものとして捉え、互いに指をさすことが無意味な運動となるような、果てしない衝突を引き起こすかもしれません。ある参加者の行動が他の参加者の行動を引き起こすとは言えません。

4. 第四の公理は、コミュニケーションにはデジタルとアナログの両方があり得るということです.デジタルコードとは、その人が言うこと、つまり言葉の実際の意味であり、アナログコードとは、何かを言うときの方法やそれに付随する非言語的な合図に関係するものである。つまり、2つの相反するメッセージを同時に伝えることができ、それが問題になることもあるのです。ノー」と言われても黙って「イエス」と言っている場合(「ノー」を「イエス」と勘違いしないこと)と、本当に興味がない場合を見極める方法を学ぶとよいでしょう。

5. 最後に、第5の公理は、コミュニケーションが対称的であるか、補完的であるかに関係するものである。.これは簡単に言えば、システムの参加者が力関係に関して対等な立場にあるか、どちらかが他を上回っているかということである。紛争は、ある当事者が現状を変えることを望んでいる場合に発生することがある。

5つの公理の強みは、コミュニケーションプロセスの舵取りをするのではなく、コミュニケーションプロセスで起こることを説明することに、何よりも存在します。

ビブリオグラフィー 人間のコミュニケーションの語用論(ワツラウィック、ビービン、ジャクソン、1967年)

ポリーナ・サモイレンコ博士 PHD心理学大学院生児童心理学専攻
キエフ大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese